スポンサーリンク

【公務員辞めたい!】退職前に押さえておきたい事

雑記

公務員を辞めたい…辛い…。

これを読んでいるあなたは、まず間違いなく
この気持ちになっているんだと思います。
本当にお疲れ様です(´;ω;`)

世間では休みやすいでしょうとか、お給料だって
良いんでしょ?なんて言われていますが、
実際には代休さえ取れないとか、サービス残業
ばかりといった部署もあって大変ですよね。

お気持ちとってもよくわかります。
お茶をお菓子を持って会いに行って、
お話をじっくり伺いたい気分です。

でもそういう訳にもいかないので、
実際に市役所を辞めた私が
辞めようと思ってから辞めるまでの
道のりを書いてみました。

まずはちょっと一回深呼吸して、お手元に
お茶でも用意しながらのんびり読んで
いただけたらと思います。

これは私の記録ですが、誰でも
当てはまるだろう5つについて書いています。
全てやってみて、それで辞める決心がついたら
退職という選択に悔いは残らないと思います。

絶対に無理はしないでくださいね。

スポンサーリンク

私が公務員を辞める前にやったこと5選

さて、早速ですが私が実際に行ったことで、
なたにもやっておいてほしい退職前の
検討内容5選です。

  1. 公務員を本当に辞める必要があるかの検討
  2. 家計簿をつけて自分の収支を確認
  3. 家族への相談
  4. 生活費を貯めておく
  5. 円満退職になる理由を考える

どうしても「辞めたい!」と考えると
どうやって辞めようかという気持ちが
先走ってしまいます。

でも公務員を退職しても、それが
ゴールではありません。
ですからその後の生活が安定するよう
検討しておくに越したことはありません。

それでは、1つずつ解説していきます。

公務員を本当に辞める必要があるかはしっかり検討すべし

1つ目は、公務員を辞めなくても
済む方法を考えるです。
「公務員を辞めたいって言ってるのに
辞めない方法を考えるの!?」と
感じるかもしれませんが…。

まずは、なぜ公務員を辞めたいのか、
辞めずに解決できる方法はないのか
ぜひ考えてください。

人間関係が嫌であれば、人事異動で
変わる可能性があります。
それまでやりすごせるか、そうで
なければ相談をして対策を取ることが
できないでしょうか。

異動先の仕事内容が合わない
という場合は、係内の業務変更
などで対応できるかもしれません。
係の異動などはできないでしょうか。

体調不良であれば、しっかりお休みを
して回復に専念する必要がありそうです。
療養休暇制度を利用して、回復後に
お仕事をすることもできます。

もし対策をすることで退職したい
理由が消えるのであれば、ぜひとも
その方法を試してみてからでも
遅くないかもしれません。


「上司や同僚がなんて言うかわからない」
というのはこの際置いておきましょう。


私も市役所にいて感じましたが、
状態をよく理解した上で自分を
守れるのは最終的には自分だけです。

もちろん、良き同僚や素敵な上司も
たくさんいるのは間違いありませんが、
あなたの全てを知っているわけではありません。

では実際私はどうだったかと言うと、
私が辞めたいと感じた理由は
以下のことでした。

  1. 子どもの学童保育が合わない
  2. 時短で働いている申し訳なさ
  3. 時間内に仕事を終えられない悔しさ

特に1つ目が大きく、当時娘は
学童に行きたくないと日々泣いていました。
田舎なので他の学童保育もあまりなく、
途中から変えるのも難しい状況。

私の年齢としても、あと数年で
係長にあがるという時期。
正職員として働いていたら、今後
残業が多くなることも充分わかっていました。

義理の父母に子の面倒をお願いする
ことも、選択肢として可能では
ありました。
ですが…

自分の子どもなのに、どうして私が
間近で成長を見られないの?

この気持ちがどうしても
拭えなかったんです。

これからまだまだ続く子育て期間。
正職員として働いている限りは、
その間ずっと早く帰るという選択肢は
作れないと感じました。

休職というように、少しの間だけ
休めば大丈夫という話でもありません。

上司に相談しても、出てくるのは
他の家族を使うとか、睡眠時間を
削って生きるなどの案で、もちろん
それも一つかもしれませんがどうしても
納得できず。

行政事務の仕事が嫌いなわけでは
ないですが…これは私が望んでいる
働き方ではないなという結論になりました。

家計簿をつけて自分の収支を確認する

2つ目は、家計簿をつけて自分や
家族の収支を確認します。
なぜ退職と家計簿が関係あるの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、環境が変わる可能性が
ある時の家計チェックは必須
です!

公務員の方の場合、お給料は毎月
間違いなく支給され、ボーナス(賞与)も
確実に支給されます。

ですから、公務員の方って実は家計簿を
つけていらっしゃらない方が多いようです。
「ざっくり黒字だから大丈夫だろう!」
という感じですね。

我が家も例に漏れず、家計簿づけを
さぼっていました(^-^;

元々そんなにお金を使うタイプでは
なかったため、それでもなんとなく
毎年増えている感じがするし、まぁ
大丈夫だよね~という気持ちでいました。

ですが、いざ退職の二文字が頭に
浮かぶことが増えてくると、当然ですが
心配することの第一位は間違いなく
これだと思います。


私が退職して生活していける…?


そりゃそうです。
これまで安定収入が入ってきて
いたのにそれがなくなります。

私の場合は、あと30年くらい働ける
予定だったので、年収500万円と
すると1億5千万円得る予定だった
ということに。

ぞっとなりますね。

私はこの不安を解消するために、
家計簿をつけるところから始めました。

特に気にせずに使ったらどれくらい
支出があるのか。
ちょっと気を付けた場合は月々の費用が
いくらあれば問題なく生活していけるのか。

およそ3か月にわたり、家計簿アプリで
チェックしていきました。

実際に計測することで、我が家の場合は
私が収入がなくなっても最低限の家計は
回ることがわかりました。

家庭内の資産額もある程度わかり、
教育費もここから頑張っていけば
大きな問題がなさそうということが
判明しました。

現状把握、とても大切です。
もし収入が下がっても家計にあまり
問題がないのであれば、それほど
不安にならずに退職を検討できますよね。

ですが、あなたの収入がなくなったら
家計が回らない!という場合には、
退職後すぐに別の仕事をする必要が
あるでしょう。

その判断材料とするためにも、
まずは今の状況を確認する。
そこから対策を考えるというのは
どんな時も忘れずにいたいものです。

家族への退職相談は早いほうが良い

家族に退職したいと言う…。
結構重たいですよね。

何て切り出そうかなとか
どんな風に言われるだろうなど
とても気になるところ。

ただ、ご家庭を持っている場合は、
早めに相談しておくのが
大切だと思います。

家族とのお話では、以下のような
反応も良く聞きます。

  • 退職の相談をしたときに家族から
    全否定されてしまう
  • 相談をして退職をしたはずなのに
    後から「本当は反対だった」と
    言われる

そうなると、退職したことを後悔したり、
やっぱり私はダメなんだ…と自分で
自分を責めてしまうことになります。
これでは、幸せではないですよね。

相談しながら今後の生活について
話していき、問題があれば解決方法を
一緒に考えたりする必要があります。

私の場合は、職場の状況や家事、
育児をどのようなスタイルで
やっていきたいかについて、夫と
かなり時間をかけ話し合っていました。

どんな部分に悩み、どんな部分を
改善したいかを話すことで適切な
アドバイスをくれたり、家庭内の
ことであれば協力を惜しまずにいて
くれました。

私もそれに応えようと自分が得意な
部分は積極的に行い、今もありがとう
助かるという言葉が多い家庭だと思います。

(だからといってケンカしない
訳ではありません)

退職の検討についても何度も話し合い、
最終的に私が「退職したい」と
話をしたときは、夫は少しの間考えて
「いいよ、あなたなら大丈夫でしょう。」の
一言だけでした。

色々言いたいこともあったのかもしれません。
でもそれでも「大丈夫」と声をかけて
くれたのは、早め早めに相談し、コツコツと
信頼関係を築いた結果だと思います。

ただ、辞めるの?もったいない!とか
これからどうしていくつもりなの?などの
言葉は、心配するからこそ出てくると
思うのです。

それに対して「わかってくれない!」と
感じる事もあると思いますが、事実と
感情の両方を丁寧に伝えて、それぞれの
解決策を話し合って欲しいと思います。

信頼関係が大事!というと、単なる
きれいごとのようですが、
なんだかんだとても大切な
土台の部分だと私は思います。

生活費は最低1年分あるとチャレンジしやすい

4つ目は貯蓄についてです。
家計管理の時もお話しましたが、
お金の不安はないに越したことがありません。

できれば1年分の生活費分は貯めておきたい。
これは、公務員は雇用保険の失業給付が
ない
ため、退職したら一気に生活費が
途絶えるからです。

家に別の働き手がいらっしゃる場合は
大丈夫かもしれませんが、1人暮らしの
場合は次の月から収入がなくなるのは
死活問題になってしまうでしょう。

退職金はもちろんあるとしても、
勤続年数が短ければさほど出ません。

ですが、1年分の生活費があれば、
最悪食べることは困りません。

さらに、同時進行で転職先を決めて
転職したけれどそこがハズレだった場合、
すぐ辞めてもどうにかなります。

何回か失敗しても、再チャレンジが
可能なんです。


生活費がないと、働けるところなら
どこでも!となってしまいがちです。
その結果、ブラック企業に泣く泣く
残り続けているという事もあると思います。

実は、これは私の実体験からなのです。
私は退職前に転職活動をして、在宅で
仕事が可能なリモートワークでの事務請負の
契約を行っていました。

事務ならどうにかこれまでやっていたことが
活かせるのではないか?と思ったのですが…
勝手が全く違うことと、子どもの体調不良時の
対応が合わず、なんと1か月で契約を
終了
することになりました。

当時はあまりにも短い終了に凹んでいましたが
合わないな、と判断して切り替えられたのも
生活費分の貯蓄があったからこそです。

結局は自分が楽しいと思える家計相談の
お仕事ができているので、結果オーライと
今は感じています(^^)/

ちなみに、転職活動は半年以上行いました。
色々な転職サイトに登録したり
エージェントと面談を行ったり。
在宅での勤務が第一希望だったので
在宅系の試験もたくさん受けました。

この時も色々学ぶことが多かったのですが
それはまたのちほど。

円満退職でストレスを減らそう

5つ目は、円満に退職する理由を
考えることです。
もうこれは実際に退職する時のお話に
なりますね。

ですが、いざ退職!という場合には
とても重要な部分だと思います。

退職する時には、なるべく前向きな
退職理由を考えたほうが良いです。
これは間違いありません。

退職理由は、正直に言えば1つだけ
ということがないのではないでしょうか。
ほとんどの場合、理由は複数あると
思います。

その理由全てを職場や上司に
伝える必要はなく、
その中でも一番前向きな理由を
退職理由としてお話すればOKです。

なぜかと言えば、理由は2つあります。
1つ目は引き留めにあいづらいからです。
「●●がしたくて退職します」と言う
職員を引き留める上司はあまりいません。

実際に私は退職理由として、
「どうしても近くで子どもをみたい!
在宅で次の仕事もある!」と話しました。

いわゆる役職のついた方々と何回か
面談はありましたが、ネガティブなことは
言われず「後悔はしないか?大丈夫か?」と
心配してくださるコメントが多かったです。

2つ目は、これはあなたが今住んでいる
自治体で働いている場合は特になのですが、
出かけた先などで元職場の方々にお会いする
可能性を考えてのことです。

退職後、働いていた職場での全ての
人間関係がなくなるわけではないでしょう。
そう考えると、良好なコミュニケーションを
取れるように環境を作っておくことは
重要だと思います。

「退職後には前の職場の人となんか
交流しない!それほど嫌だ!」という
場合は問題ないですが、そうでない方は
穏やかな退職をお勧めします。

まとめ

今回は、実際に私が公務員を
退職するまでに行動したことを
5つ紹介しました。

  1. 公務員を本当に辞める必要があるかの検討
  2. 家計簿をつけて自分の収支を確認
  3. 家族への相談
  4. 生活費を貯めておく
  5. 円満退職になる理由を考える

これは公務員の方だけではなく、
他のお仕事をされている方にも
当てはまる部分が多いと思います。

辞めることと関係ある?と思われる
こともあるかもしれませんが、
辞めた後後悔しないための準備
思ってぜひ試してみてください。


**追伸**

内容はなんとなくわかったけれど、
退職後の生活が不安だから
誰かに相談したい!

実際に家計簿ってどんな風に
つけたらいいの?

公務員を辞めるまでの話を
もっと聞いてみたい!

こう感じる方もいらっしゃるかも
しれません。
もし気になることがあれば
ぜひご連絡くださいね。

たっぴーにメールを送る↓
fp.maki@reservestock.jp

対面でのお話をご希望の場合は
こちらからどうぞ↓

片岡 まき - リザスト
家計簿コーチ|家計相談|保険相談|コミュニケーション 片岡真紀 家族をチームにする家計コーチ 片岡 まき

**追伸その2**
こちらは私が転職活動中に
出会い、ものすごく参考になった
「自分の才能発見テスト」です。

あなたの強みはなんですか?と
聞かれて上手く答えられない

感じる時は、利用してみることを
強くおすすめします(^^)/

無料なのによくわかるので、
辞める気がない友達にもおすすめ
して受けてもらっていますが

・これが自分の才能だったんだ!
・簡単なテストなのにすごくよくわかる!

と好評です。

完全無料のタイプ診断は
こちらから↓

ウェルスダイナミクスプロファイルテスト
ウェルスダイナミクスは、個人に「自信」、企業に「信頼」をもたらす最強のビジネスメソッドです。まずはジーニアステスト(無料)であなたの「才能」を知りませんか?
タイトルとURLをコピーしました