スポンサーリンク

【注意点あり】canvaのデータをプリントパックで印刷

雑記

正直に言って
canvaで作った画像を
どうやってプリントパックで
印刷したらいいかわかりづらく
ありませんか?


私は先日、自分が所属している
ミュージカル劇団の団員募集チラシ
作ることになりました。


その際、canvaでデザインしたチラシを
プリントパックで印刷したのですが
ちょっと手間取って何回かやりとりを
したんです。


また利用する可能性もあるし
もしかすると同じようにわからん!と
悩んでいる方もいるかもしれないので
ここに忘備録として残しておきます。


結論から言えば、canvaで作ったデータを
プリントパックで印刷する時は
office printを利用して色味を確認し
入稿すればOKでした!



ただ、入稿がわかりやすくて楽なのは
ラクスルとかビスタプリントなどの
印刷会社かもしれません。
次回はそうしようと思ってます。


ただ今回は事情があってプリントパックに
お願いしたので、その点も含めて
書いていこうと思います。


1.プリントパックに印刷依頼した時の流れ
2.失敗した内容などの注意点
3.なぜプリントパックを選んだか

という順番で話していきます。


知りたいところだけ読んでいってください(^^)/


▼canvaは断然Proのほうがデザイン性
高く作れてオススメです!無料期間あるよ!▼


スポンサーリンク

canvaで作成したデータをプリントパックに印刷依頼した時の流れ

今回私が印刷したかったものは
以下のとおりです。

  • A4サイズチラシ
  • 両面フルカラー印刷
  • 枚数は3,200部
  • コート紙(90kg)を使用
  • 7営業日発送希望

インターネット上で指定枚数が
表示されなかったので、見積もりから
問い合わせました。


見積もりの際はアプリケーション
というものを選択する必要があり


office系(Excel・Word・PowerPoint)
office系以外(Illustrator・Photoshop)
のどちらかを必須で選びます。


もうこの時点でcanvaはどっちやねん…
と慣れない関西弁が浮かびました(^-^;

「お困りの場合はこちら」からの
チャットボットで「canva」と
入力すると、office printという
ソフトで変換すればcanvaもOKとのこと。


office printを調べてみると、Wordや
Excelで作ったデータを印刷用の
PDFに仕上げてくれるソフトでした。


ということでoffice系を選んで見積もり。
その後メールが返ってきてその中に
見積もり商品の発注リンクがあり、
そこから発注へ進むことができました。


canva側でもPDFでダウンロードできるので
PDF(印刷)で「トリムマークと塗り足し」に
チェックを入れダウンロード。


※これが失敗!office print使用する時は
トリムマークと塗り足しいりませんでした。


ダウンロードデータからoffice printを
使用して入稿データを作成、
出来上がったPDFをHPで入稿しました。


すぐに入稿しました!とメールが届き、
ほっと一安心、だったのですが。


数日後…


データのサイズが違います!
連絡がΣ( ̄ロ ̄lll)
入稿が遅くなると発送も遅れる!
ピンチ!



サイズが大きい?
canvaのA4文書で作ったのに???
と思ったのですが


よくよく確認すると、
トリムマークと塗り足し分を
付けたことによって、サイズが大きく
なっているのがNGだったようです。


再度トリムマークと塗り足しなしで
データをダウンロードして入稿。


翌日問題なく印刷に進む旨の
連絡が届きました。
あ、焦った~…。


そこからは何事もなく進み、
数日後には私の手元に無事に
きれいなチラシが届きました!

canvaでプリントパックに入稿する時の注意点

プリントパックは印刷費用が
他者と比べて安いので、できれば
利用したいですよね。


今回発注してみて注意すべき
ところが2点ありました。

  1. canvaで作成時のデータと色味が変わる
  2. officeprintを利用する場合はトリムマークと塗り足しを入れない


1つ目の色味については、canvaで
作成するデータはRGBカラーという
色味で表現されます。


一方プリントパックでの印刷の
場合はCMYKカラーで表現されるため
色味が異なる可能性があります。


と、書いても私も詳しくは
ないため、詳細はプリントパックさんの
HPを見ていただいた方が早いです。

参照:完全データをお作りいただくための印刷基礎


私が作成した時は、canvaでダウンロードした
データをoffice printで変換した際に
色味の変化がありました。

やや薄く暗くなる感じになりました。

1色だったので問題はなかったのですが、
元のデータの色味を濃くすることで
今回は解決しました。

元データはかなり色味が強くなりましたが、officeprintを通すとイメージに近い仕上がりに。

仕上がったチラシもイメージに
近い色味で出来上がったため、
今後もこの方法でお願いしようと
思います。


※写真も利用していたのですが、
写真部分はやや色味が暗くなる
イメージでした。
お載せ出来ないですが参考までに。


2つ目のofficeprintについては、
canvaでダウンロードする時に
PDF(印刷)を選択して
「トリムマークと塗り足し」に
チェックを入れなければOKでした。


チェックを入れてoffice printを使用し
入稿したところ、A4サイズ
(297mm×210mm)より
大きいデータとなってしまいました。


再入稿の連絡をいただき慌てて
再ダウンロードして修正しましたが、
再入稿が遅れるとそれだけ納期が
遅れてしまいます



できれば同じようなことが
あなたに起こりませんように…(^-^;

canvaの印刷先にプリントパックを選んだ理由

そもそもプリントパック以外で
印刷したらよかったんじゃないの?

という点については、以下の2つの
理由がありました。

  1. 納期を遅くできるから印刷費が安く済む(今回は7営業日)
  2. 3,200部という中途半端な部数でも可能だった

今回作成したのは私が所属する団体の
チラシだったので、極力費用を安く
抑えたいと考えていました。


納期を遅くできるとそれだけ料金が
下がるため、元々プリントパックを
候補に入れていました。


ただ、データの入稿がわかりづらそう
という初見での印象があったので
他の有名なインターネット上で
発注できる会社も確認していました。


しかし、3,000部を超えると
500部単位での印刷になってしまい、
今回の3,200という中途半端な
枚数では受け入れ先がありませんでした



3,000部と200部で分けて発注する
という方法もありますが、結局
3,500部より値段が上がってしまう
こともあり…(^-^;


結果、3,000部以上でも100部単位で
発注可能
なプリントパックでの印刷に
落ち着いたのでした。

発注のしやすさはラクスルやビスタプリント!値段はやや上がります

プリントパック以外も
ラクスルビスタプリント
問い合わせを行いました。


どちらも3,200部という
部数での対応ができなかったため
今回は利用しませんでしたが


HPで記載されている部数での
発注であればこの2社の方が
手間が少ないかもしれません。


ビスタプリントは通常
4営業日で発送とあるので
4営業日での印刷費を比べたところ

プリントパックラクスルビスタプリント
7,520円8,204円8,598円
A4光沢紙・両面カラー・90kg・3,500部・4営業日発送(2022.4.12に各社を調査)

プリントパックとビスタプリントは
およそ1,000円の差があります。


値段を少しでも下げたいという場合は
プリントパック、なるべく楽に入稿を
したい時はビスタプリント、その
中間がラクスルという印象です。


ラクスルは5営業日まで、
プリントパックは9営業日まで
納期をずらせるので、遅くすれば
するほどさらに料金が下がります。


早めに動いて料金を抑えるのが
一番お得かなと思います。


▼ラクスルは紙の無料サンプルなどもらえます▼

まとめ

今回は私がcanvaを利用して
作成したデータでプリントパックに
入稿した際に気付いたことを
いくつかまとめました。


canvaはプリントパックの対応
アプリケーションではないため、
office printというソフトを用いて
入稿データを作りました。


その際の入稿データは
「トリムマークと塗り足し」が
ない状態で作ると
問題なく入稿できました。


色味の変化が起きるので、
あらかじめ色を変えて
入稿したところ、イメージに
近いチラシができあがりました。


canvaのデータで入稿が簡単に
できそうなのはラクスルや
ビスタプリントなので、部数が
合えばそちらを利用するほうが
手間がなさそうです。


印刷業者への発注は慣れていないと
不安ですよね。
今回かなりドキドキしながら
やりました(^-^;


少しでも同じようなチャレンジを
する方の役に立ちますように!


▼テンプレートでラクラクきれいにチラシや名刺を作れます▼

タイトルとURLをコピーしました