スポンサーリンク

収入が減ったのになぜ税金は減らない?所得税と住民税のお話

お金の教育

会社の業績が悪くて収入が下がったけれど、税金が下がらないのはなぜ?
仕事を辞めたのに、なぜ税金が取られるの?何かの間違いかな?

あなたが気になっているその税金の種類はなんでしょうか。
家計を把握するという点で、税金のお話は切っても切り離せません。
今回は、収入が変わった際の税金についてお話していきますね。

これを読めば、収入が減ったときの税金対策が可能になりますよ。

スポンサーリンク

収入が下がったのに、税金が下がらないのはなぜ?

いつもニコニコ、会社員のMさん。
今年の4月に在宅勤務が決まり、それから5か月ほど家で仕事をしていました。
仕事が好きで残業も多い仕事スタイルでも苦ではないそうです。

しかし、会社で受注する業務が少なくなってしまったため、Mさんの在宅での仕事も量は少なく、その分お給料も下がってしまいました。
ふと、今まであまり気にしていなかった給料明細をながめてみると、「所得税」は金額が下がっているのに「住民税」が全然下がっていないことに気が付きました。

「これ、間違ってるんじゃないの?」と感じ、私に連絡が来ました。
たしかに、収入が下がれば税金だって下がるはず…なのですが。

実は、所得税と住民税は「いつの収入に対して、いつ税金を支払うか」が異なっているのです。

所得税はその年に計算、住民税は次の年に計算と覚えよう

いつも給料から引かれている所得税と住民税の違いって、ご存じですか?
「税金なんて全部一緒でしょ、取られるものだし…。」というお気持ちもよくわかります。
ですが、仕組みを知っておくだけでも急な変化が起きた時に心が安心しますので、ぜひ知っておいてほしいなと思います。

所得税と住民税の違いを簡単に示したのがこちらの表です。

所得税住民税
種類国税地方税
いつの収入に対して計算するかその年前年
お給料から引かれる金額毎月計算決まった額を12で割る
税率課税所得が大きければ税率が高い所得額に関わらず一律
所得税と住民税の違い

特に、マーカーを引いた部分に注目してください。
所得税は、その年の収入に対して計算をします。
毎月のお給料の金額が確定したら、その金額から毎回所得税の金額を給与計算を担当する方が計算しているということです。
そして、その年の最後に年末調整を行い、最終調整をします。

基本的には、その年のうちに全て終了するのが所得税です。
(医療費控除など、確定申告をしなければ還付金が受け取れないものは除きます)

それに対して住民税は、前の年の収入から計算された金額を、次の年の6月からその次の年の5月までの12回に割ってお給料から引かれます
これはすごくわかりづらいと思うので例を挙げますね。

例えば2020年の収入などから計算された住民税は、2021年6月~2022年5月の12回でお給料から引かれるということになります。
そのため、収入が減ったからと言って住民税が減るわけではないんですね。

今回のMさんのように収入が減ってしまった場合、影響が住民税にあらわれるのは次の年ということになります。
Mさんには、来年は収入が下がった分税金も変わってくるから、今は支出を抑えつつ耐えて!と伝えました。
幸いお給料が出ないわけではないので、やりくりをしつつ頑張っていくそうです。

会社を退職した後に届く住民税の通知

「仕事を辞めて収入がないのに税金の通知がきた!何かの間違いじゃないの?」
このように驚いている方も多く、市役所でのお問い合わせ内容としてもとても多かったです。
ですが、残念ながら間違いではなく、住民税が次の年にかかるという仕組みが理由なんですね。

前の年の収入から計算して、次の年のお給料から月々天引きするので、途中で退職された場合はお給料から差し引きすることができなくなります。
その差し引きできなかった残りについて、現金で支払いをしてくださいと通知が届くのです。

さらに、現金での支払いはお給料天引きの時と違いがあります。

  • 支払い回数が少ない(通常年に4回払い)
  • 支払いが遅れると延滞金などが発生する

支払いの回数が少ないということは、1回あたりに払う金額が大きくなるということです。
また、払わなければならない期限を過ぎると、延滞金が発生する可能性も出てきます。
払わなくてもよいお金をさらに増やしてしまうことになりかねません。

税金がまだ残っていることがわかっていれば、その分の貯金は残しておこう!など対策をすることができますね(*^^*)
後から知って大慌て!とならないために、ぜひ覚えていただけると幸いです。

住民税が払えない場合は必ずお住まいの自治体へ相談を!

住民税が前の年の収入から計算されるなんて知らなかった!
辞めてしまったから税金なんて払えないよ!
そんな場合もあるかと思います。

このときはぜひ早めにお住まいの自治体へ相談をしてください!
対応はそれぞれ異なるかとは思いますが、納付する回数を増やすなどの変更ができる可能性があります。

また状況によっては、減免といって申請をして税金の一部または全部を免除してもらえる場合があります。
せっかくその制度があるのに、使わなかったらもったいないです!

職員の方々も人間ですので、きちんと納税のご相談に来られる方にはとても丁寧です。
ですから、お金がないなんて言ったら怒られるかも…なんてことはあまり考えず、気さくにご相談いただいたほうがいいと思います。

一番まずいのは、自治体からの通知や連絡を無視することです。

納付する意思がないんだな、逃げようとしているなと判断される可能性が高く、その場合は貯金を差し押さえられてしまう場合もあります。

まとめ

所得税と住民税の違いについて今回はお話しました。
所得税はその年に、住民税は次の年に税金が計算されることは、ぜひ覚えておいてください。
次の年に住民税が来ても慌てずに済むようになりますよ。

お金の勉強をすると、無駄に慌てる必要が少しずつなくなってきます。
どうしても払えない場合には、早めに自治体に連絡しましょう。

税金に悩まず、楽しい生活を送りましょうね♪

***お知らせ***
・家計簿がなかなか続かない!
・せっかく家計簿を付けているけれど、どこを改善したらいいかもわからないなぁ。
・私…保険に入りすぎてる!?
こんなお悩みはありませんか?

家計についてお悩みがある方のご相談をお受けしています♪
詳しくはこちらのリンクからどうぞ↓

片岡 まき - リザスト
家計簿コーチ|家計相談|保険相談|コミュニケーション 片岡真紀 家族をチームにする家計コーチ 片岡 まき

***お知らせその2***
自分の才能、知りたくありませんか?
あなたのその素敵な才能を発揮することで、より最高の人生を歩めるかもしれません。
あなたの才能を知る無料簡易テストはこちらから
https://www.profiletest.net/easy_profilings/user/ejkt7206/

タイトルとURLをコピーしました